通行量調査

任意の市区町村や駅周辺等、地域特性の差異を重視して、市場細分化していく調査方法であり、曜日・時間帯・歩行者属性・計測時間の4点を明確にした上で調査員が歩行者の数をカウントします。各地域性を活かした商品販売やサービスを提供したい場合などにお勧めです。