職人集団

第1次オイルショックの年に我社は誕生いたしました。当時から「人のために、社会のために、お客様の立場に立って」をモットーに運営してまいりました。結果的に職人集団となり、匠の技と、お客様の「痒いところに手が届く気配り」となり、積極果敢な仕事への取り組みを行ってまいりました。

調査一筋40余年

お陰様で設立より40余年、仕事の殆どがアンケート調査・統計処理で、特にアンケートの設計段階から「どのようなシーンで、また、最終的な分析・報告書を想定」して詳細な検討を加えております。 『アンケートは聞きたい事だけを聞ければ良い』という姿勢は、企画者の思い込みであると考えております。そこには、聞かれる側の感情や相手に対する思いやりがあって初めて、良い結果が生まれることを信じてやみません。

アンケートは芸術

アンケートは“芸術作品”だといっても過言ではありません。 なぜなら、同じ内容(作品)でも見方やその背景にあるもの、更には企画者の熱意によって変わるからです。 今後ともアカデミックなデータ作りのために邁進してまいります。

学術研究・調査

大学・研究所と協力したアカデミックな研究、調査。疫学調査をはじめ、高齢者を対象とした調査、健康調査、大規模コフォート調査等。事務局運営から報告書まで手がけています。